プロフィール

PTあまてぃ

Author:PTあまてぃ
埼玉県狭山市在住の理学療法士9年目。

ボバースをやっていましたが、最近はクラニオセイクラルやヨガ等も勉強しています。
日々の臨床で感じたことや、考え方などを書き綴っていけたらなと思います。
読んで頂く方にとっては、分かりにくい表現がたくさんあるかもしれませんが、書きたいことを書かせて下さい。

2004アロマテラピー検定2級取得
2007福祉住環境コーディネーター2級取得
2008年理学療法士取得
2012年ボバースベーシックコース卒業
2014年骨盤底筋エクササイズ「Pfilates™」インストラクター取得

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心臓=血管

4ヶ月振りに、藤本靖先生のモティリティーワーク勉強会に行ってきました。
そこで、今までと心臓のイメージがガラッと変わりました。
今までは心臓を、それ単体で習っていたためか、血管と繋がっているという風に捉えていませんでした。
もちろん、血管と物理的に繋がっていることは知っていました。
血管と繋がっていることで、心臓が全身とコネクションしていることを捉え、調整していく中で全身が整っていくことを身をもって体験出来たのはとても勉強になりました。(書いた後、読み返したら何のことだかさぱり伝わらなそう。。。)
全身を包む筋膜。
筋膜が整うことで全身が整うのと同じように、
全身を張り巡っている血管。
所詮は血管はただの管。
心臓もその管の一部なのです。
管を介して全身の流れを捉えることができ、血管(の流れ)が整うことで全身が整う。
中国の脈診とかもこういった繋がりを使って診断、治療するのかな?

もう一つは、筋間中隔を広げることで大腿・下腿の筋を使いやすくするワーク。
クライアントさんが筋間中隔で筋を分ける広げるようにイメージしてもらうワークで、高齢者にはちょっと難しいタスクなので、訪問リハビリの利用者さんにはちょっと使いにくいかな?
でもワークした後は、足の余計な力みが取れて足趾まで地面にペタッと張り付くような感覚になり、とっても楽に立っていられるようになりました。

やー楽しかった。
今日はゆっくり眠れそうだ。
スポンサーサイト

| ホーム | 陰ヨガ・フランクリンメソッド >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。