FC2ブログ

プロフィール

PTあまてぃ

Author:PTあまてぃ
埼玉県狭山市在住の理学療法士11年目。

ヨガ,古武術,ロルフィング等も勉強しています。
日々の臨床で感じたことや、考え方などを書き綴っていけたらなと思います。

2008年理学療法士取得
2012年ボバースベーシックコース卒業
2014年骨盤底筋エクササイズ「Pfilates™」インストラクター取得

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

インフルエンザと共に過ごして

インフルエンザの熱が下がり、かなり楽に過ごせるようになりました。
ここ数日で気付いたことや疑問点がたくさんあり、辛いことは辛かったですが、とても有意義なインフルエンザ生活でした。

そんな中で2つばかり、身体についてのこと。

①腸をどう休めるか問題
人間の免疫細胞の約7割が腸にあるって言われてます。
身体の中のウイルス退治でさえ大忙しなのに、食べ物から入ってくる菌なんかに構っている暇がないわけですので、出来るだけ腸を休めたい。
食事は最低限にするのはもちろんなのですが、それとは別に腸自体の動きを積極的に促すべきなのか、それともあまり動かないように静観するべきなのか。
お腹に手を当て、腸に耳を傾けてみましたが、何度試しても「放っておいて欲しい」ような感じだったので、あえて静観することにしました。
ただ、本当にこれで良かったのかどうなのかはわからないので、何かの機会で色んな人に聞いてみようと思ってます。

②目を使うのは良くないが
なるべくスマホは開かず、寝ていたのですが、せめて音楽でも聴こうかなぁ、と思い『あいみょん』をかけたのですが。。。
どうしても頭の中で映像が浮かんできてしまう。
映像が浮かぶってことは、視覚の脳を使っているってことなので、せっかく目を休めてるのに勿体ない、ということで、音楽はやめました。
ただ、熱が下がって身体が少し楽になったら音楽も良いですね。

とにかく、僕の身体お疲れさま!
ウイルスと戦ってくれてありがとう!!
スポンサーサイト



インフルエンザ

明けましておめでとうございます。
どうやら、インフルエンザだか風邪だかにかかってしまったようで、年越しからずっとベッドで過ごしております。

一時は39.4℃まで上がった熱も少し落ち着いてきましたが、まだまだ完調という訳ではありません。

今年の抱負
『三日坊主を100回』
~集中力のために~
今は(ベッドの中でですが)自分を見つめることを実践中。
妊婦と幼児がいる我が家では、インフルエンザにかかったかもしれない僕はもちろん隔離。
たまぁに水分、栄養補給で1階のリビングに降りると、息子がおもちゃの薬セットを用意してくれていて、うるっと泣きそうになりました。

山本しんさんのブログに風邪の時の過ごし方的な記事があったのを思い出して、検索したら見つかったので現在実践中。
http://rpath.blog27.fc2.com/blog-entry-789.html?sp
本当はスマホもあまり見ない方が良いんだけど、ちょっとくらいは。。。
ね。。。

73kgあった僕の体重は早くも70kgを切ってしまいました。
まだ食欲が湧かないってことは「まだ食べないでちょうだいね」って身体が言っているって事だと思うので、水分補給中心で過ごしております。

動く原動力

ボディーワークや日々の臨床の中で、一番大切にしてきたことは、力が抜けた楽な状態でいるということ。
力を抜くことは自分の日々の生活でも、意識しなくても出来るようになりつつあります。

その一方で、『動く』ということも大切なこととだと気付く。
動くことで一番大切なこと、それは『興味』。
モチベーションとも言えるかも知れないけど、自分の中でしっくり来る言葉は興味。
興味こそが最高の動く原動力なんだと思うのです。

ヨガ、瞑想、シンギングボウルのイベント

練馬区の曼荼羅美術館でヨガと瞑想、シンギングボウルのイベントに参加してきました。

節分という節目の日に、神聖な雰囲気の中、身体と心に向き合う贅沢な時間を過ごしました。

シンギングボウルの演奏を聴いたのは初めてでした。
仰向けで聴いていたのですが、音によっては身体の一部の骨が共鳴してるのがハッキリと感じられて、そこからさらに波が広がっていく体験も出来ました。
音の振動に身体を委ねる心地よさったら。

オムツ体験

職場の先輩が学生時代にオムツ体験した、という話をずっと昔に聞いていた。
興味があった、というかオムツで排泄するとどんな気持ちになるのか体験してみたかった記憶がある。

で、我が家でやった忘年会。
なぜか友人がリハビリパンツを置いていったことを思い出した。
これはやるっきゃない。。。

早速リハビリパンツを装着し、妻と息子に見守られ尿意が来るのを待つ。
寒いからズボンを履こうとしましたが、もし横から漏れてしまったら嫌だから、と妻が気を利かせてくれ、下半身はリハパン一丁。
リハビリパンツは意外と履き心地が悪くない。
オムツより嵩張らないし、結構軽い。



!!

いよいよだ。
いよいよ来たのだ。

しかし、立ってするべきなのか、どうするべきなのか。
勝手が分からず、姿勢が定まらない。

とりあえず直立の姿勢からやや腰を引き、軽度に膝を曲げるスタイルにした。
これがスタンダードなのかは分からないが、一番しっくり来る気がする。
両手で椅子の背もたれをつかみ、姿勢を安定させる。

しかし、どういうわけだかなかなか出ない。
人が見ているというのもあるが、一番はこのリビングという広い空間で本当に良いのか?というもの。
あ、これはプールの中でしちゃう、あの感じに似ている。。。
そう思うと少し気が楽になった。

気持ちも整ったので、いざ。

あーーーー。

おっ!
なんだ?!
スゲー!!
最近のリハパンはこんなに凄いのか!(昔がどんなか知らんけど)

放出した瞬間から、消えてなくなっていく。
濡れてる感じが全くしない!
そして徐々にパンツの重さが感じられ、まだ出して良いのか不安になる。
それにもめげずに出し続けること数秒。

完。

これ、トイレに行くのが面倒な人だったら、リハパンの方が良いって人もいるんじゃないか?
少なくとも、大渋滞でトイレ2時間我慢するよりも、こっちの方が遥かに快適だぞレベル。
これだからダカールラリーのドライバーも安心して出来る訳だな。

と言うことで、僕が想像していたりも快適だった、というリハビリパンツ排泄体験でした。
3歳の息子の気持ちが少し分かった。
ただ、普通の高齢者にしたら相当な精神的苦痛なんだろうな。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ